個人向け大口融資を提供するカードローンの特徴

大口融資を希望している方は、事前に利用限度額が高いカードローンを
選ぶ必要があります。 そして、この大口融資のカードローンを選択する際には、
融資限度額だけではなく、総量規制というポイントも念頭に置き最適なサービスを選ぶ事が必要になるのです。

大口融資の場合、総量規制がポイントとなる

この総量規制とは近年施行された法律で、借入総額が年収の三分の一までに
制限される規制です。この規制の対象は、個人向けの借入の総額となります。
しかしながら、個人向けの融資であっても、銀行からの借入については
総量規制の対象外となります。関連情報としては大口融資の審査についてをご覧ください。

事業用資金の融資は総量規制対象外

更に、事業用資金としての融資は、この規制の対象外となるのです。
個人への貸付で、事業用資金としての大口融資は、
ビジネスローンとして中小企業向けに提供されるものです。
これは事業資金として法人に融資を提供することになりますので、
個人向けの融資が対象となる総量規制は、この対象から外れる事になるのです。

そして、自営業主などの個人事業主の方などに貸付けられる大口融資は、
借入が事業資金としての場合は、総量規制の対象外となります。

銀行カードローンは総量規制対象外

この規制の対象外のカードローンは銀行サービスで、
銀行からの融資はこの規制が適用されませんので、
この年収の割合を超えての大口融資が受けられます。
又、銀行カードローンは低金利であり、近年では即日融資が
可能な利便性に優れたサービスも登場してきており、
審査時間も最短で数十分程度と消費者金融と同等の
素早い審査が可能になってきています。

【参考】カードローンお勧め.com